忍者ブログ
< 09月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 11月 >
Home > コタツ猫劇場 > Σ(゚д゚lll)ガーン パパりんのおバカ

Σ(゚д゚lll)ガーン パパりんのおバカ

2011年07月19日

日曜日のパパりんが「車のイベントに行って来るから」って朝の4時30分にお出かけ

やった~、今日はゆっくりパソコンが出来るぞー

「それでは」ってことで、着替えて顔を洗って、歯磨きして、みっちゃんのご飯の用意

お湯を沸かしてコーヒーを入れて、テーブルの前に「どっこいしょ!」

「さて」と時計を見たら、もう5時30分。

トースト焼きながら新聞を取りに行って、またテーブルの前に「どっこいしょ!」

コーヒーとトーストで食事を済ませて、新聞を見ながら時計を見ると6時。

「そろそろ、長万部くらいかな?」

ブゥー、ブゥー、ブゥー 

「あれ?こんな時間に携帯がなっている。だれ?」

     「もしもーし、オレ。」 おや、パパりんでした。

コタツ 「あれ、いまどこ?」 いやな予感がするぞ~

パパりん 「静狩のトンネル越えたところー」 ちょっと早くないかい?

コタツ 「どうしたの~?」 ( ̄ー ̄)ニヤリ なんかやったし

パパりん 「路外に落ちたから、ジャッキとロープ持ってきて。」 ズ―――(-ω-ll)―――ン

コタツ 「バーカ、今すぐ積んで走るけど2時間かかよ」

パパりん 「わかってる。待ってるから頼むわ。」



全く何をやっているんでしょうね。

取り合えず、声は元気だから怪我はしていないようだし、走りますか。

大急ぎで、ジャッキとロープを積んで、途中給油をして現場へ向けて走りました。

連休ということも有って、国道はゆっくりムードの車が結構走り出しています。

「これは時間かかるね。落部から高速使うしかないかな。」

落部に入ったところで、パパりんからまた電話が来た。

パパりん 「レッカー頼んだから。」

コタツ 「ふぅ~ん、でも落部まで来ちゃってるよ。」

パパりん 「取り合えずこっちに来て。」

コタツ 「わかった。」 

あれ、あれ、思ったより車の被害がでかいぞー 

他の車と接触してないといいけどね。

取り合えず高速に乗って、出来るだけ早く付くようにしなくちゃ。

ブゥー、ブゥー、ブゥー

あれま、また電話かい。

コタツ 「はい、はーい。いま高速で飛ばしてるから待っててねー」

パパりん 「そしたら長万部の駅に来て、待ってるから」

コタツ 「長万部の駅ね。わかったー」

へー、もうレッカーが来てくれたんだ。意外と早いね。

え~と、長万部の駅ならどっちで降りた方が早いんだ?

国縫かな?長万部かな?

ところが、八雲を抜けたら霧がどんどん深くなってきた

「え~、こんなに前が見ずらいなら飛ばせないじゃん。」

仕方がないから国縫で降りちゃえ・・・

国縫で降りて一般国道を地道に走って長万部の市街地へ

駅に着いて、車が乗せられたレッカー車に近づくと・・・・

(*゚Д゚) アレ?後輪が無い!オーバーフェンダーも無い!

ついでに笹と泥まみれ

パパりんは?

おもむろに駅のトイレから出てきて、携帯で保険屋さんへ電話。

どこも怪我はしていない様子に一安心。

まったく人騒がせなんだから。

って、自分も人の事は言えないんですけど・・・ヾ(=д= ;)オイオイ

ひとまず、車はレッカーしてくれた修理工場さんに預かってもらって

あとで直してくれる車屋さんに取りに来てもらうことにして、

パパりんは、私の車でいったん帰宅することとなりました。

       後日改めて、後半へ続く・・・・

拍手

PR


▲page top

無題

2011年07月19日(火) 19:03

気になる~
(>_<)

karin (URL編集

Re:無題

2011年07月20日(水) 12:45

乞うご期待ってか(ノ´∀`*)

コタツ猫の流し目生活

無題

2011年07月19日(火) 22:37

とりあえず、パパりん怪我無くて良かったね。
ちなみに僕は(髪の)毛が無いよ。

髭爺 () 編集

Re:無題

2011年07月20日(水) 12:47

お陰様でなんとか無事でした。
うちのパパりんも毛が無いですよ。(笑)

コタツ猫の流し目生活

大変でしたね

2011年07月19日(火) 22:43

なんともはや・・・。
怪我がなくてよかったですけど、「『いったん』帰宅」というのが何とも気になるな・・・。
後半、何があったのでしょうか?

ナナマガラー (URL編集

Re:大変でしたね

2011年07月20日(水) 12:49

ご心配されたら(;´・ω・`)ゞごめんなさい。
結果的には現場に戻らなくなりましたが、家では(〃*`Д´)です。

コタツ猫の流し目生活

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top