忍者ブログ
< 04月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 06月 >
Home >  > [PR]Home > コタツ猫の買い物話 > 実家の母に見守り携帯

[PR]

2017年05月29日

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



▲page top

実家の母に見守り携帯

2011年06月21日

一週間ほど前に実家に立ち寄った際、母が不安そうに相談をしてきました。

母:「最近ね、同じ市営住宅で孤独死が多くてね。なんか不安なんだよね。」

コタツ:「ふ~ん、前に来たサポートセンターの人は回ってこないの?」

母:「それが、あの時一回来ただけで後来ないんだよね。」

コタツ:「あれま、それじゃあ何にもならないね。」

母:「それでね、この前新聞に載っていたやつ切り抜いていたんだけど・・・」

テーブルの上にあった新聞の切抜きを私に寄越したので、目を通してみた。

コタツ:「こんなの出たんだね。ちょっと調べてみるわ。」

母:「そうしてくれる。あんた、あんまり来ないから一人の時に倒れたらと思ってさ。」

コタツ:「ごもっともでございます。」

母:「ところで、この部屋の鍵渡してあったよね。」

コタツ:「あれ?返してなかったっけ。」

母:「いやー、まだ帰ってきてないよ。」

コタツ:「ふ~ん、せば車の鍵についているのがそうなのかもね。」

母:「ちょっと、そのまま持っててや。」

コタツ:「なに、何かあったときに困るからかい。」

母:「うん、そうなんだから」

コタツ:「わっかりましたー。せば、時間無いから後で連絡するよ。」

母:「そうしてね。」

こんな感じで、数日がたってパソコンで見守り携帯を調べたら

SoftBankで3月に発売した商品で、機械音痴の母でも扱えそうなものでした。

拍手


幸い、我が家全員がSoftBank携帯でしたので、さっそくショップに行き契約

21b206bb.JPG

ボタンひとつで私の携帯に電話がつながり、

緊急時にはGPS機能で居所もわかるメールが一緒に送信されてくるから

結構優れものかも

機種は1万円で事務手数料に1730円がプラス

月々の基本料は490円で格安

ただし、この携帯から発信できる相手は親機となる1番号のみ

受信は、あらかじめ登録された親機の番号を含めて20件までとなっています。

それでも、それだけ受信可能であれば安否確認は大丈夫ですね。

近日中に実家にもって行き、使い方の説明をしたいと思います。
PR


▲page top

へぇ~

2011年06月21日(火) 20:08

今はこんなのも有るんですね。
ウチもいつか必要になるんだろうな・・・
(ん?海外からの電話は受信出来なさそう?)

hayate (URL編集

はい~、便利な世の中で

2011年06月22日(水) 08:00

hayateさん、そのうち普及するようになると思いますよ。
でも、注意書きに「本機は海外で使用できません。」と書かれているので、残念ながらそちらでは受信出来ないということですね。

コタツ猫の流し目生活

誰もが歩道・・・

2011年06月22日(水) 11:02

もうそんな時期になるんですね。
僕トコも、言うてる間に そんな心配事が出てくるんやろな (-_-;)
いつまでも、元気でいてくれたらイイのにね。

50年後ぐらいに、自分も・・・子供に心配してもらうんかな?

まずは、自分が見本をみせなきゃね (^_^;)v


リンクありがとうございます!

トキ () 編集

そうですね

2011年06月22日(水) 13:07

誰もが歩む道ですものね。
自分は、そんなに長生きはしたくないですが、自分の親は最後まで看取ってあげないと行けないですからね。
リンクが貼れてよかったですね。

コタツ猫の流し目生活

初めて・・・

2011年06月25日(土) 14:17

こういうのがあるんですね。
初めて知りました。

あると無いとじゃ、全く違いますもんねヽ(゚∀゚)ノ
お母様、安心なさったんじゃないでしょうか♪

私もいずれ・・・なんて思っちゃいます。
幸い、実母は、まだ元気だし、徒歩数分の距離にいるので、とりあえずは心配無用かなと・・・。
それより、まだまだ元気でいてもらわないと困りますね(笑)

菅ちゃん (URL編集

便利な世の中です。

2011年06月27日(月) 07:54

このほかにも、見守りカメラって言うのもあるらしいですよ。
菅ちゃんのお母様は、まだお若いから大丈夫でしょうが、いずれはみんな歳を重ねるので必要になるかも。
実家の母も少しは安心したみたいですけど、使い方がいまひとつ飲み込めずに新たな不安に只今奮闘中です。
ボケ予防にはちょうどいいと思いますけどね。(笑)

コタツ猫の流し目生活

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top