忍者ブログ
< 05月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 07月 >
Home > 函館近郊よもやま話 > ルイルイ♫

ルイルイ♫

2011年10月08日

うっきゃーヾ(*´∀`*)ノ 今日は土曜日、最上の秋晴れだよーん

体育の日を前にお散歩したい気分ですね。

でも、お仕事なので~す。(-ε-●)チィッ

キャンプに行きたいなぁー、(熊に食われるぞぉ~)

バイクツーリングしたいなぁー、(腰に負担が来るぞぉ~)

山ガールならぬ山オバンしたいなぁー、(運動不足で登れないぞぉ~)

まぁ、言うのはタダだから幾らでも言えるのだけど

この晴天の秋空が仕事だけでくすぶっているのが、勿体無い!

しかーし、今日仕事をしておかないと、来週はまた札幌でお引越しの手伝いなのです。

で、話は突然飛びます、飛びます 
前回、引越しのお手伝いに行った帰りのこと

もう日が落ち始めた頃に恵庭を出発して高速に入ったのだけど

すぐに真っ暗!

それでも登別くらいまで一緒に走行していた車があったので

なんとなく安心ムードで走っていました。

ところが、虻田・洞爺IC辺りから早い車が追い越して行った後 

シ~ン・・・・・   (艸Д<ll) うわぁ、怖い

暗闇を自分の車だけがひたすら走っている状態

高速道路って街路灯が全く無いじゃありませんか (@_@;)

たまに灯りが見えるとパーキングエリアやサーピスエリア、

出なければインターチェンジの出入り口を照らす灯りだけ 

さすがに気持ちが焦りますね。

でも、事故って車が動かなくなるのは、もっと怖いので平常心でとにかく運転でした。

途中、サービスエリアでトイレタイムを取ったときも自分一人

だれもいないトイレの中に道路情報がたんたんと流れているのも (-_-;)寂しい

でも、道路情報も流れていなかったら、もっと恐怖でしょうね。

そっか!猛スピードで追い越していく車は、

暗闇から早く出たくてあんなに無謀運転なんですね。

ふふぅ~ん(ΦωΦ)、私の方が大人じゃ~ん。

って、こんなところで粋がってもしょうがない訳ですが、

今度の帰りも暗闇の中と言うことになります。

でも、月寒からなら高速で帰るより、中山峠を抜けて帰ったほうが近いかな?

問題は、札幌市内の道路を知らないってことだけです。(。´pq`)クスッ

拍手

PR


▲page top

私も・・・。

2011年10月08日(土) 14:19

暗~い夜道の運転怖いです。
いろいろと考えちゃったりして、後ろをみるのがコ・ワ・イ。
高速なら室蘭すぎた辺りから、交通量が激減しますからね。
中山峠の方が安心かも!?
青看を頼りに、定山渓や真駒内方面に進むと大丈夫ですよ!
引越し忙しいですね。気をつけて行って来てくださいね♪

nao (URL編集

Re:私も・・・。

2011年10月08日(土) 15:08

naoさん、ありがとうございます。
やっぱり暗い夜道は、ルームミラーを見るのが怖いですよね。
室蘭辺りから激減するんですか?
いつも「のほほ~ん」って運転しているから、気が付くと後続車が居なかったりするんですよね。
明るいうちは気にしませんが、さすがに暗闇は・・・誰か一緒に走って~です。

コタツ猫の流し目生活

無題

2011年10月10日(月) 13:27

深夜の運転って怖いですよ
自分ひとりだけ走ってると不安になりますよね
そういう時って、ミラーとか見たくないんじゃないんですか

だれ~~だ (^ v... () 編集

Re:無題

2011年10月11日(火) 15:35

。゚(゚´ω`゚)゚。そうなんです。ミラーは怖くて見れませんでした。

コタツ猫の流し目生活

北海道にもありません?

2011年10月11日(火) 22:03

”すごいスピードで走って追いかけてくるお婆さん”みたいな幽霊話。
深夜の運転なんて、絶対怖くて出来ませ~ん。
(その前にペーパードライバーをなんとかしないとなんですけどね。)

ぺんぎん () 編集

Re:北海道にもありません?

2011年10月12日(水) 08:14

>”すごいスピードで走って追いかけてくるお婆さん”みたいな幽霊話。

はいはい、支笏湖の周遊道路でも以前ありました。
いまではその場所の道路が改修されて聞かなくなりましたが、
当時は随分噂になったらしいですよ。
ぺんぎんさん、車の維持費を考えると身分証明書代わりの免許証と言うことで、ペーパードライバーのままの方がいいですよ。
私の本業は配達がメインになるので、車を所有する必要がありますが、
実際のところ、最近は車庫から車を出している間に
自転車で配達した方が楽だと思うようになってきました。
雪が降ったら車しかないですけどね。(笑)

コタツ猫の流し目生活

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top