忍者ブログ
< 09月 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 11月 >
Home > コタツ猫劇場 > 介護予防支援で( ̄д ̄)疲れる~

介護予防支援で( ̄д ̄)疲れる~

2012年04月25日

義母が80歳を目の前に少々物忘れが酷くなってきたので、

これ以上進行させないように予防策として『介護予防支援』を受ける手配をしました。

で、本日ケアマネージャーさんが紹介してくれたフィットネスクラブで

初めての体験教室。ゎくo(。・ω・。)oゎく

義母の参加する教室なので、私がワクワクしてもしょうがないっか

ところが、朝から「具合が悪い。」「めまいがする。」「面倒くさい。」とボヤく義母

(*´-д-)フゥ-3 また、はじまったよー。

必ずと言っていいくらい、何か事をはじめるときには否定的な態度をする。

これでいて、自分を持ち上げてくれるような人がいるところだと態度が急変!

「自分は、旧家で商家の奥様なのだから・・・」的な外面良子さんになり、

まぁ、まぁ、それはそれで扱いづらい人種に

さて、ここでどうやって大奥様=義母にその気になってもらうかです。

まず、ご近所のお友達の最近の様子から「認知症になりたくないよね~。」と

話を切り出してみる。

次に本人もそうなりたくないと言うことを確認したら、

「運動すると( ・∀・)イイ!!みたいだよ。一度だけ行ってみればいイッショ。」と

軽く気持ちの後押しをしてみる。

ここで「だって、何着ていくのさ」っと言葉が出たら、

大奥様は3割ほど行ってみようかなって気持ちが出てきた証拠

そこで「動きやすい服装で来てねって言っていたからTシャツかトレーナーだね。」

大奥様:「どんなので行けばいいか解らないから、持ってきてみるわ。」

ここで5割は行く気になってきた大奥様

自分のところから袋いっぱいにズボンやTシャツを入れてやって来た。

大奥様:「コタツちゃん、こんなのどう?着やすいけど。でも、こっちもいいのよね。」

コタツ:「動きやすいほうがイイから、普段から来ているのがいいと思うよ。」

で、とっかえ、ひっかえしながら大体決まると・・・

大奥様:「じゃあ、お昼食べてまた来るね。お迎えはここに来るんでしょ。」

コタツ:「ウチにお迎えに来てもらった方がいいと思って、そうして置いたよ。」

大奥様:「そう、じゃあ早めにくるから♫」

そう言ってルン♪ (p・ェ・)p ルン♪で自分の住まいへ戻って行ったので、

これでおおむね行ってくれる事に

さて、早めに戻ってきた大奥様。

時間が近づくにつれて「お迎えはどんなバスで来るんだろうね。」

「色は何色かな?」「すぐそこに止まっているのが、そうじゃないの?」

しかし、不安があるのも解るけど、歳の割りに腰の座らない人だ ε-(‐ω‐;)

ここで「こんにちはー、フィットネススタジオの〇〇〇です。」の声。

ハ~、やっときたね。

なんだか私が行く以上に疲れるわー

大奥様にお迎えが来たことを伝えて、外に出る。

どうも、お迎えはインストラクター個人所有の送るまでお迎えだったよう。

大奥様は、それを見てちょっと拍子抜けしたようだったけど

お迎えを目の前に拒むことも出来ないでしょう。

車に乗せて (´∀`*)ノシ いってらっしゃ~い

帰宅は3時30分頃の予定なので、この間にお仕事の続きをやっちゃいます。

それにしても、子供よりも手が焼ける大奥様ですこと・・・ミ( ノ_ _)ノ=3ドテッ!

拍手

PR


▲page top

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


▲page top