忍者ブログ
< 10月 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 12月 >
Home > コタツ猫劇場 > お兄ちゃんが赤点

お兄ちゃんが赤点

2010年07月29日


「母、テストで赤点をとった」

そんなメールが7月初めの保護者面談前日に届いた。

翌日、息子と空いた時間にお昼を食べながら話

母:「赤点とってしまったものを、いつまでも落ち込んでどうすんのさ」

兄:「だって、カンペ持ち込みでOKのテストでさ。全部、的が外れて・・・」

母:「なんでテスト範囲を全部カンペにしなかったの?」

兄:「まさか練習問題とか、そのまんま出ると思わなかったし」

母:「しゃ~ないね。全部自業自得。再試で100点とればいっしょ。」

兄:「いくらなんでも100点は無理でしょ。」

母:「な~んも、赤点の一つや二つ大したことないから心配しなさんな。」

兄:「あいよ、わかった。そんじゃ頑張りますか。」

   (^・ェ・^)(^._.^)(^・ェ・^)(^._.^)うんうん

その時は、こんな感じで軽く立ち直った息子でしたが・・・

昨日、今度は携帯に電話が来て

兄:「母~、再々試になるかもー。もーヤダー。」( ´-ω-)σ@

母:「あらまぁー、今回もカンペ持ち込みだったんでしょ。」

兄:「それはそうなんだけど。同じ文章だからと思ってパッパと◯×付けて・・・」

母:「またやったの?ケアレスミス。」

兄:「だって、後から見直したら微妙に言い回しが違っていたりするし・・・」

母:「お兄ちゃんの悪い癖だね。思い込みで確認を怠る癖。」

兄:「・・・・・」(´-д-)-3

母:「別に再々試だからって就職に影響があるわけじゃないし、
   人より多く勉強出来て得したと思えばいっしょ。元気だしなさい。」

兄:「うーん、わかったー」

母:「だけど、その癖直さないと社会に出てから仕事に影響するよ。
   もっと自分でしっかり気をつけなさい。
   お兄ちゃんの進みたい仕事は、絶対にあっちゃいけないことことでしょ。」

兄:「わかった」

母:「じゃあね。」

一応、本人も納得して頑張る気になったようだけど、ちょっと心配

でも、自分で決めて進んだ方向だから何とかなるか ((´∀`*))

そして、今朝再びメールが・・・

「母、赤点じゃなかった!」 ヾ(´・∀・)ノ

(*´▽`)*´▽`)*´▽`)ノ そうか、そうか、良かった、良かった

さっそく返信 「良かったね!」 

昨日の話じゃ、「もうダメだー」って言う感じだったけど

本人は相当ドキドキしていたんだろうね。

母も一安心だよ。

拍手

PR


▲page top

無題

2010年07月29日(木) 13:20

息子さん、かわいいですね(笑)
素直というか、純粋というか・・・(笑)
またこれで一つ覚えたでしょうね☆

菅ちゃん (URL編集

Re:無題

2010年07月30日(金) 09:06

菅ちゃん、ありがとうございます。
至って不器用な息子で困っています。

コタツ猫の流し目生活

無題

2010年07月29日(木) 16:06

息子さん
素直なキャラで面白いですね
純粋なんですね

だれ~だ () 編集

Re:無題

2010年07月30日(金) 09:05

だれ~ださん、有難うございます。
キャラ的には、私に似ているかな?
全く不器用な人間で困ります。

コタツ猫の流し目生活

Comment

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

Trackback

URL


▲page top